『バケモノの子』の声優陣がイイ仕事してる。でも、子供の前で泣きたくない親御さんは、絶対に子供と一緒に見ないでください!!

   

Pocket

こんにちは。

ずっと見たい見たいと思ってて、中々見る時間がなかったためレンタルが開始されてからしばらく経ちますが見てみました。
いきなり最初に感想を述べますが

『小さいお子さんを持つ親御さんに是非見てほしい!! 特にお父さん!!!』

ただし、子供の前で泣きたくない親御さんは、絶対に子供と一緒に見ないでくださいね。

バケモノの子は笑いあり、涙ありで最後まで一気に見ることができるアニメ。
私は終始、笑い泣き、感動泣きして涙腺崩壊しまくりでした(泣)。
『絆』とか『家族』をテーマにした作品を書かせたら細田守監督は素晴らしいですね。

この映画の素晴らしいところ

 

キャラクターの個性

まず出てくるキャラクターがとてもユーモラス。これ以上の登場人物はいらないし、かと言って減らしていいキャラクターもまたいない。
細田守監督の作画が素晴らしいですね。言うまでもなく絵がうまくて魅力的。透明感のある雰囲気や作品の世界観を支える画力は尊敬いたします。
全体のバランスがとてもとれている感じです。
私見ですが、アニメ前半のシーンを見ていたら、『千と千尋の神隠し』がオーバーレイしてきました。世界観が何か似てて。
でも、後半は違いますよ。細田ワールド全開。

声優

このアニメを見た方は、おそらく多くの人が感じているのではないでしょうか。
その声優陣の豪華さと演技力の素晴らしさを。
声優陣の皆様方がキャラクターの個性を引き立て、キャラクターと声に奥行きと立体感が生まれていました。
全役がハマリ役。
どのキャラクター(声優さん)も良過ぎてここでは書き表せないです。
特に舞台・映画俳優さんが演技する声はやはり上手ですね。棒読みにならない。(←ァッタリメーダ!)
これらの声優陣のキャスティングに賛辞を送りたい。本当に素晴らしい。
この声優陣でなかったら、もしかしたらここまで感情移入する映画にはならなかったかもしれません。
某○ブリ映画みたいに、その時人気の芸人や芸能人を起用しなくて本当に良かった。
(ハウルの動く城のキムタクみたいに)

(余談ですが、芸人が声優を務めた他の作品で特に印象がいいのは、モンスターズインクですね。
サリー:ホンジャマカ石塚さん
マイク:爆笑問題田中さん)

『バケモノの子』の中で、特に好印象だったのが百秋坊(ひゃくしゅうぼう)役のリリー・フランキーさん。
びっくりした。ハマり過ぎでしょ、見直したわ正直。
というのも、見た方はわかると思いますが、百秋坊(ひゃくしゅうぼう)の顔はリリー・フランキーさんの顔そのまま。
多分、声優はリリー・フランキーさんありきで作成したんでしょうね。
その辺りも含め、ちゃんと最初から声優陣と作品を照らし合わせ、いい作品になるように段取りして作られた映画なんだと感心させられました。

久しぶりに良いアニメを見ました。
娘が大きくなったら一緒に見たいな。

ではまた。

 

PC用1

 - 映画・アニメ , ,